地球の子ども基金

ローハンくんはお金を稼いで子供の世話をしていきたいから、エンジニアになりたい!と話してくれました。

農業で行き詰まり自殺した人がいる、だから困っている人を支援したいと、照れながら話してくれました。

10才・男の子のローハンくん、

実は「エンジニアってどんなことするの?」と聞いて見たら、

「わかんない」とニコニコしていました。

 

その後「僕は孤児院のガネーシャさんみたいになりたい」と話してくれました。

その優しい気持ちにまた心が温まりました。