地球の子ども基金

学習施設


ジャナビタブ中学校の校舎は、二階建てで一階には図書館や教室があります。
図書館には今後もっと本を入れたいと思いました。
教室は小さな教室ですが、ロッカーに可愛い絵が描かれていて、子供たちが楽しく過ごせる工夫がありました。

教室
教室
図書館の入口
図書館
図書館

キッチンと食堂

こちらは、キッチンです。何名かの女性が今回お祝いの食事を用意してくださいました。とてもとても美味しい食事でした。ここは、食堂で、子供達はここでご飯を食べています。
まだ、育ち盛りの子供達には、お腹いっぱいの食事が届いていません。引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

お祝いの食事
食堂
キッチン入り口
キッチン

畑で野菜

子供達は日々の食事のために、畑で野菜を育てています。子供たちは一緒に回りながら、これはカリフラワーだよ、人参だよ!豆だよ!と説明をしてくれました。ミルクのために牛も飼っていました。
たくさんの子供たちの食事を賄うには、もっと大きな畑にできる土地が必要とのことでした。


ミルクのために

大歓迎してくれました

門の前で子供たちや先生方が待ってくださっていました。
皆さん大歓迎で、レイを首にかけてくれたり、道にもwellcomeの文字が書かれ、音楽と歌で出迎えてくれました。子供達の歌声に涙が溢れました。

歓迎
子供達からお花の歓迎

植樹を行いました!

子供たちと一緒に植樹を行いました。
希望に満ちた菩提樹の苗と、子供たちのおやつになるようマンゴーの苗を植えました。

植樹
菩提樹を植樹しました
マンゴーの苗

子供たちの絵

あちこちに子供達の絵が飾られていました。食堂には、紙箱で作ったジオラマが飾られていました。ジャナビタブの子供たちはとてもキラキラしていて、絵を描いたり、ヨガを習ったり、将来の夢が瞳に灯っていると感じました。

子供達の作品ジオラマ

インドの生活

インドはとても貧富の差が激しい国です。車を走らせていても、埃だらけの道沿いに小さな家が点在しています。小さな子供たちが寒波の中裸足で過ごしています。
今回、とても貧しい村を訪ねました。活気がなく、珍しい外国人の訪問にもあまり興味を持っていない様子でした。
満足に食事が取れていない村とのことで、おやつを配理ました。
すると、村中の子供たちが走って集まってきました。
活気がなかった村に、少し笑顔が広がっていました。

インドの人々
インドの生活
インドの日常
活気がなく
とても貧しい村の子供たち
おやつの贈り物
村中の子供たちが集まってきた