地球の子ども基金

「放課後等デイサービスハピネスキッズ」に微酸性次亜塩素酸水と超音波噴霧器をお届けしました!

放課後等デイサービスハピネスキッズの豊永さんご夫妻は、娘さん一人とお母様との4人暮らしをされています。ご夫妻は子育てをされる中で、我が子も他の子供たちも愛しく、子供たちの未来が輝いていくよう幸せな居場所づくりをされたいと放課後等デイサービスハピネスキッズを立ち上げました。

豊永さんは、ご夫妻で助け合い、みんなでお仕事をしていけることがとても幸せだと話されていました。

微酸性次亜塩素酸水と超音波噴霧器をお届けに行った際、ご夫妻やスタッフさんが子供たちと、楽しそうに過ごされている様子に、温かで素敵な居場所ができていることに嬉しい気持ちでいっぱいでした。

ご夫妻もスタッフさんたちも、微酸性次亜塩素酸水と超音波噴霧器を使って安全に消毒ができることを
「ますます安心で幸せな場所になります!」と、とても喜んでいらっしゃいました。

ハピネスキッズには私(小笠原まき)が壁画を描かせていただきました。先日、ホスピタルアートのテレビの取材があり、4月25日をかわきりに、全国で放映されます。テレビ朝日にて4/25(土) 午前5時20分〜50分より。