地球の子ども基金

こども食堂さんにお米を届けました。

9月21日こども食堂こうちさんに、玄米を60キロお届けいたしました。

こども食堂の秦泉寺さんからお話をお聞きして、今回から毎月60キロのお米をお届けすることにしました。夏休みがあけて学校の売店にきた、高一男子が凄く痩せている事に気づき、その子に話しを聞いたそうです。するとお母さんと弟との3人暮らしで、お母さんはパートの仕事もなくなり、食事も作れなくなったそうです。その子は「お弁当が食べたい」と先生に訴えたようで、そこで先生がこども食堂さんに連絡して来てくれたそうです「こんな子供達がたくさんいるから、お米はすごい助かるんです!ありがとうございます!」とおっしゃっていました。今回のお米も、シングルマザーのご家庭を中心に、スクールソーシャルワーカーさんとも連携しながら貴重な命綱をお渡ししてくださるとのことでした。

皆様のご支援のお陰で、不登校気味だった小1女の子が学校へ週3回学校へ行き始めたと聞きました。こども食堂さんもとても喜んでいらっしゃいました。

今回はお弁当が届いた子供さんの笑顔の写真もいただきました!また今後もお米をお届けさせていただきます!