地球の子ども基金

安藤桃子さんと一緒に子ども食堂にお届けに行きました。

お米60キロとボルベールさんからいただいた小夏を持って月に一度のお米のお届けに行きました。

今回は桃子さんのテレビの撮影もあり、子ども食堂さん皆さんで迎えてくださいました。お米のお礼に、宇和島から来られた災害支援の方から濃厚なおいしいオレンジジュースをいただき、子ども食堂さんからも手作りの人参ケーキとレモンのケーキもいただきました。ありがとうございます!!

お米をお渡しした、シングルマザーのお母さんから

食料支援をいただくようになってから、子どもたちがお腹いっぱい食べられるようになり、すごく違った!とおっしゃていました。子どもさんが「おれ!太ったかも!」と言って笑った話を聞きながら、笑顔で話をされているお母さんを通して、ご家族が明るくなっている様子が伝わってきました。

皆さまのお陰で家庭に明るさが灯り、お腹いっぱいの幸せがまた広がっています。いつも応援をありがとうございます。