地球の子ども基金

聖園天使園の子どもたちに 高知の食材でつくった岡林仕出し店さんの 本皿鉢料理を 食べてもらいました!

皿鉢料理は、昔

高知で育った野菜やお魚

高知の大地から届けられた実りを

五穀豊穣の神事として

神様に捧げたのがはじまりだそうです。

 

3歳ぐらいから16歳ぐらいまでの25人の子どもたちに、

皿鉢料理を一つ一つ説明しながら

「これは、りゅうきゅう」

「よく酢のもんでたべゆー」

「これはね、四方竹っていう竹の子やけど

なんで四方竹っていうと思う?」

「わかった!四角いきや!」

「これはねー、くじら!」

「えー!!死んだが?」

「これはね、ウツボっていう海のヘビみたいなの

唐揚げにしたやつ」

「これはサバの姿寿司」

「これは長太郎貝っていうがやけど、全国ではヒオウギ貝っていう、高知で、初めて貝をみつけた人が、長太郎さんっていうたがやと!だから長太郎貝って名前なんやって」

「これはねー川の魚🐟、あゆっていうお魚です」

と順番に皿鉢の中身を説明しました。

子どもたちは

説明を聞いたあと

初の本皿鉢料理に挑戦!

意外や意外!みんな、普段食べない珍しいお料理を

どんどん食べていきました。

美味しく、楽しく、珍しくて

どんどんどんどんニッコニコになって

一緒に食べようや、これから後一緒に遊ぼう

子どもたちは、あたたかく心ひらいてくれました。

先生方も

まさかこんなに皿鉢料理がウケるなんて!と驚いた様子でした。

お料理がおわったら

今度は、シュークリームと生クリームのケーキを🍰食べて、最後にボルベールさんの四万十栗のジェラートも食べて、お腹も心も大満足!でした。

 

そして

出来たばかりの

子どもたちの願いを叶えるエコバッグをプレゼントしたら、抱きしめながら走りまわって

「嬉しい💕💕💕」と喜んでくれました。

 

いつかみんなが大きくなる頃

夢を叶えることが出来るよう

私たちも顔晴るね!

みんなの喜んだ顔をみて、ありがたい気持ちでいっぱいでした。

今日もみなさまからの応援のお陰で

あたたかい、美味しいの笑顔が溢れて溢れていきました。

本当にありがとうございました。